医療機関での全身脱毛で利用可能な痛み対策の麻酔

医療機関での全身脱毛で利用可能な痛み対策の麻酔

全身脱毛は全身への照射になるため、脱毛の際にはある程度の刺激を感じることになります。痛みに弱い人もいますし、部分的に痛みが強いパーツもあるため、医療機関では麻酔を使うことも可能です。医療行為になるためエステでは使用不可ですが、クリニックの医療脱毛であれば使うことができます。

脱毛の痛みを軽減させるための麻酔

医療機関での全身脱毛を受ける際に、痛みを少しでも軽減するため、希望により麻酔を使用することができます。基本的に使用は本人の意思によるものであり、最初の脱毛契約の金額には含まれてはいないため、予約時に本人の希望により使うときに、別途支払いが発生するシステムです。全身はレーザー照射をするにしても範囲が広いので、それだけ肌に照射の際の刺激を感じやすく、皮膚の薄い場所や色素沈着のあるパーツは、痛みが強くなります。痛みを少しでも減らす方法として、肌を冷やしてみたり、冷却ジェルを追加することもできますが、麻酔は最も痛み軽減効果が高いです。

脱毛時に最もポピュラーなのはクリームタイプ

全身脱毛の痛み軽減対策で使われる麻酔で、最もポピュラーなのは塗るクリームタイプです。レーザー照射をする前に、特に痛みを感じやすい患部にクリームを塗り、食品ラップをのせて30分ほど放置すると、肌の感覚が鈍くなります。肌の表面の感覚を軽く麻痺させる効果がありますが、痛みが全くなくなるわけではありません。色素沈着がひどく皮膚も薄いVIOパーツでも利用されることがありますが、黒さと皮膚の薄さから、クリームタイプでは痛みをあまり軽減できないこともあります。すぐに効果が表れて、意外と感覚を麻痺して快適に利用できるのが、鼻から吸引をする笑気麻酔です。

麻酔を全身脱毛で使えるのは医療機関のみ

少しでも全身脱毛の痛みを軽減するために麻酔を使用できるのは、医療行為が許される医療機関だけです。国内での脱毛を検討した時、脱毛サロンとクリニックという、2つの脱毛機関から契約を選ぶことができます。華やかな宣伝広告を展開する脱毛サロンは、エステサロンであり医療従事者も不在ですから、医療行為はできない場所です。その代わり脱毛サロンでは、エステ機器での脱毛であるため、あまり痛みが強くはありません。脱毛効果もかなりゆっくりですし、永久脱毛効果はないですが、エステは痛みが少ないもの利用しやすいポイントです。医療脱毛は痛みが強いため、医療機関という特権で麻酔が使用できますし、永久脱毛を短期間でできるのも強みだと言えます。

まとめ

照射の際の痛みが気になるのが全身脱毛の施術ですが、医療機関での脱毛なら麻酔の利用が可能です。塗るクリームタイプや、鼻から吸引をするタイプ、貼り付けるシール対法などもあるので、医療機関で相談をして決めることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛を受ければ、人目を気にせず積極的になれる効果が期待できます
全身脱毛とやけどになった時の対処
全身脱毛の頻度はムダ毛の成長期に合わせる
全身脱毛をする方は20代も比較的多い
全身脱毛を行うメリットをチェック
全身脱毛はデメリットも考えて利用しよう
全身脱毛において失敗しないための選び方及び注意点と永久脱毛に関する事柄
生理中の全身脱毛は、断っているお店が多いです
全身脱毛のためサロンに通い肌をきれいにする
全身脱毛を契約する際の値段が高い理由
全身脱毛前に起こりえる副作用を知っておこう
全身脱毛の初回は特典や割引で得になる
全身脱毛を受ける脱毛施設の選び方
ツルツル美肌を手に入れたいなら、全身脱毛の流れを知ろう
全身脱毛前には剃り残しのないようにシェービングを
全身脱毛でかゆみが出る理由と対処法
全身脱毛の痛さが心配なときにチェックしたいこと
肌の乾燥対策や脱毛効果のためにも全身脱毛では保湿が大切
全身脱毛をする当日に注意すべき事まとめ
全身脱毛で肌荒れを防止してみよう
全身脱毛をして脇汗の量が増えてしまうという噂の理由
全身脱毛のアンダーヘアの施術を受けてみよう
全身脱毛で裸になるのは恥ずかしい事ではありません
全身脱毛の安全の疑問を解決します。