全身脱毛とやけどになった時の対処

全身脱毛とやけどになった時の対処

全身脱毛の肌トラブルで最も多いのは、軽度のやけどの症状であり、早急な肌への対処が必要です。レーザー脱毛や光脱毛は、光やレーザーの照射で、一瞬だけですが高い熱を加える処理であるため、肌の内側はしばらく炎症を起こします。

全身脱毛の原理は特殊な光やレーザーを当てること

全身脱毛ではやけどというリスクがありますが脱毛の原理として、特殊な光を照射することが関わります。脱毛サロンではフラッシュなどの光を使い、美容クリニックでは医療レーザーを照射して、ムダ毛を減らすのが脱毛の方法です。特殊な光はとても強く、黒いメラニン色素に反応をしますが、出力のレベル設定を適せるにする必要があります。肌や体毛の状態に適していない強すぎる出力だと、ムダ毛の黒いメラニンだけではなく、肌にとっても大きなダメージです。強いエステの光やレーザー光を照射することにより、強すぎる力の場合、皮膚の細胞が負けてしまい、やけどを起こします。

強すぎる出力で肌トラブルを起こした時の早急な対処

全身脱毛は強すぎるパワーが原因であり、やけどができた時には、早急に患部を冷やすことです。冷たく冷やした保冷剤をタオルで包み、熱を感じる場所に当ててしやします。保冷剤がない時には、氷をビニールに入れてタオルに包み、肌に当ててクールダウンさせることです。軽度のやけどであれば肌を冷やして、保湿のスキンケアをします。熱が加わり肌の水分量が奪われている状態なので、化粧水をたっぷりと付けて、肌への保湿ケアをすることが大事です。赤みが引かずに、肌状態も回復の兆しがない時には、契約をした脱毛サロンやクリニックに連絡をします。

肌の症状から見るやけどかどうかの判断

全身脱毛をしてやけどかどうかを見分けるためには、肌の症状を目安にして判断をします。肌の状態は薄いピンク色であり、まるで日焼けをしたような赤みがあるとき、2日から3日ほどしても治まらないなら軽度の症状です。脱毛の照射をしてから肌に腫れを感じて、かゆみも伴うような状態が続いているのも、軽度の可能性があります。施術を受けた後に肌に水ぶくれができて、痛みも感じるときには中度の症状です。基本的にはエステでもクリニックでも、スタッフが適切な照射出力を設定しますが、もしも痛みが強い時には、出力を下げてもらうなど設定を変えてもらうことです。

まとめ

全身脱毛は広い範囲への施術であり、やけどのリスクとは隣り合わせです。もしも肌トラブルが起きたら、肌をすぐに冷やして保湿をするようにします。脱毛サロンやクリニックでは、施術時に痛いと感じたら、すぐにスタッフに伝えることも大事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛を受ければ、人目を気にせず積極的になれる効果が期待できます
全身脱毛の頻度はムダ毛の成長期に合わせる
全身脱毛をする方は20代も比較的多い
医療機関での全身脱毛で利用可能な痛み対策の麻酔
全身脱毛を行うメリットをチェック
全身脱毛はデメリットも考えて利用しよう
全身脱毛において失敗しないための選び方及び注意点と永久脱毛に関する事柄
生理中の全身脱毛は、断っているお店が多いです
全身脱毛のためサロンに通い肌をきれいにする
全身脱毛を契約する際の値段が高い理由
全身脱毛前に起こりえる副作用を知っておこう
全身脱毛の初回は特典や割引で得になる
全身脱毛を受ける脱毛施設の選び方
ツルツル美肌を手に入れたいなら、全身脱毛の流れを知ろう
全身脱毛前には剃り残しのないようにシェービングを
全身脱毛でかゆみが出る理由と対処法
全身脱毛の痛さが心配なときにチェックしたいこと
肌の乾燥対策や脱毛効果のためにも全身脱毛では保湿が大切
全身脱毛をする当日に注意すべき事まとめ
全身脱毛で肌荒れを防止してみよう
全身脱毛をして脇汗の量が増えてしまうという噂の理由
全身脱毛のアンダーヘアの施術を受けてみよう
全身脱毛で裸になるのは恥ずかしい事ではありません
全身脱毛の安全の疑問を解決します。